あさか歯科医院は、港区南青山の表参道駅近の歯科医院です。
インプラント、審美歯科、歯周病治療、矯正歯科、ホワイトニングなど完全予約制で診療しています。

| HOME | どうなさいましたか? |

更新日 2018-02-15 | 作成日 2008-03-02

どうなさいましたか?

わんこ.jpg簡単にご説明致します。

歯が痛いです。

  1. 冷たい飲み物などでしみることがあります。この場合、初期の虫歯は考えられますが、歯の付け根の歯肉との境目に起こる知覚過敏もあり得ます。
  2. 冷たいもの、暖かいもの共に痛く感じる場合。かなり虫歯が進行していると考えられます。特にズキズキが何もしなくても続く場合は神経を除去する場合もありますので、早めに受診して下さい。
  3. 噛むと痛い場合。根に膿みが溜まっている可能性があります。LinkIcon根管治療になる場合が多いですが、歯が浮いて感じる時は、早めに噛み合わせの調整が必要です。

歯肉が痛いです。

  1. 歯肉が腫れていて、痛みがある場合。歯に歯垢が多量に付着してすることで、歯垢の中の細菌からでる毒素により、歯肉を破壊させることで腫れたり、出血させたりします。さらに、重篤になると骨まで破壊されるようになります、いわゆるLinkIcon歯周病です。
  2. 歯の根元にあたる歯肉が腫れてきて、歯肉を押すと痛みがある場合は歯の根の先の膿みが原因が多いです。これはLinkIcon根管治療となると思われます。
  3. 根の先でなく途中の部分から膿みが出る場合があります。これは、LinkIcon歯の音が割れてしまっていることが考えられます。放置すると支えている骨が溶けてしまうので、早めの抜歯が必要です。

歯磨きすると出血します。

  1. 歯肉の周りについた歯垢(細菌)による軽度な歯肉炎から、出血が始まります。
  2. さらに、悪化すると歯肉ははがれ、歯垢は歯にそって歯肉の内部に入り、歯石となり簡単には取れなくなります。この状態では、多くの歯垢が溜まり常に出血する状態になります。骨は破壊されていく状況をLinkIcon歯周病と言われています。

治療中の歯を放置しています。

  1. とくに多いのは、神経を取って痛みがなくなったので治療に行かなくなった状態です。この状態は、虫歯には無防備ですので、時間の経過が抜歯に近づくことになります。
  2. 歯の丈夫なのは、表面のエナメル質だけですので、ドリルで穴をあけた内部(象牙質)は柔らかいのです。ここは虫歯には無抵抗です。早めに治療を開始しましょう。

かぶせた金属の歯(差し歯)が取れました。

  1. かぶせていた物がとれて、そのまま。神経を取った歯ですと、数ヶ月で虫歯になることが多いです。神経を取っているので、取れただけでは痛みがないため、放置する人が多いです。歯を抜く事になるでしょう。
  2. 取れてすぐ来院された状態でも、何らかの原因で取れた訳です。大体が虫歯になって(かぶせた脇からの最近の侵入)います。治療は虫歯を取っていい状態にさせる為、LinkIcon歯周外科を行うこともあります。
  3. 神経のある歯であれば、大体が虫歯にはなりにくいので被害は大きくならないと思われます。


歯のないところ(歯を抜いた)をなんとかしたいです。

治療としては、インプラントブリッジ入れ歯があります。それぞれ診療内容の項目に書かれています。

親知らずが気になります。

親知らずは歯肉から出てくる時に、細菌が歯肉の中に入ってはれる場合がありますので、周囲を常に清潔にしておかねばなりますん。歯肉の腫れだけでなく、隣の歯などに虫歯にさせてしまう恐れがあります。さらに、顎が小さく親知らずの場合、周りを押しのけてはえますので、歯並びが変わったりします。レントゲンや周りの状況を見て抜歯ができるか検討するべきです。

歯を白くしたいです。

タバコ、コーヒー、お茶などで汚れた歯の表面を磨き上げることで、ある程度は白く艶のある状態になりますが、基本的に自分の歯の色よりは白くなりません。より白くする場合は、LinkIconホワイトニングをお勧めします。

検診をしたいと思います。

レントゲン診査、歯周病検査、噛み合わせ検査など、状況に応じて行います。歯は本数も多く、意外に見落としているところがあるかもしれません。痛みが出てからでは遅いので、早めに検診を御受けください。

クリーニングをしたいのですが。

常に綺麗に磨き上げるのは、なかなか至難の業です。プロの歯磨きを体験していただくとその気持ちの良さ分かると思います。あさか歯科医院では、1か月毎にクリーニングをお受けになる方が多いのも納得なさると思います。

よくあるご質問

インプラントについて

Q.インプラントの手術は痛いですか?
A.完全の麻酔下で行われますので、インプラント手術中の痛みはありません。また、術後は多少腫れる場合はありますが、痛みは少ないようです。ただ、人により条件が違いますので、絶対とは言えませんが、こちらで処方する薬で押さえられると思います。

Q.インプラントの時間はどのくらいかかりますか?
A.インプラント手術の時間でしょうか。手術は2時間ほどの枠で確保しますが、準備と後処置も含んでいますので、実質の手術時間は30分ほどです。

Q.インプラントが完成するまではどのくらいですか?
A.インプラントの手術後骨と結合する期間は約10週くらいですので、約2ヶ月で歯ができることになります。骨の状況により半年かかることもあります。

Q.歯を抜いたのですが、どのくらいでインプラントの手術が可能ですか?
A.歯を抜いてから完全に骨に回復するのには半年ぐらいかかりますが、インプラントの場合は2ヶ月をみています。

ホワイトニングについて

Q.歯を白くしたいのですが、どんな方法があるのですか?
A.簡単に説明しますと、ヤニや着色などの汚れを落とすクリーニング。歯の表面を薬剤の効果で漂白するホワイトニング。歯に白い材料を塗ってしまうペインティング。歯を少し削ってセラミックを貼付けるラミネート。などがあります。

Q.ホワイトニングは自宅で行う場合、どのくらいで白くなりますか?
A.毎日少しずつ行うと、確実に白くなります。ただ、ご本人は毎日見ているので変化が分かりにくいようです。ほぼ2週間で明らかに白くなっています。

Q.ホワイトニングの効果はどれくらい続きますか?
A.効果は歯の質によって違いますが、歯の色は徐々に戻るようです。ただ、定期的に自宅でホワイトニングするか、オフィスブリーチをすることで効果は持続できます。

Q.ホワイトニング中ではカレーとか食べれないのですか?
A.ホワイトニングでは薬材を歯に付着して1日効果が持続されるといわれています。その間カレー、コーヒー、ウーロン茶などは色を取り込みやすいようでさけた方がいいようです。

歯の痛みについて

Q.冷たいものを飲んだり、歯磨きでしみます,虫歯でしょうか?
A.虫歯の場合もありますが、多くの場合が知覚過敏です。歯の根元の歯肉が退縮し、歯の根が露出するとしみます。原因は噛み合わせ、加齢、歯ブラシのしげき、歯石の付着などさまざまです。お早めにご相談下さい。

Q.痛くて噛めません、神経をとって治療してある歯なのですが。
A.根の治療の問題の可能性があります。神経を除去しても、ある部分に神経の取り残された部分が残っていたりすると、しばらくして根の周りに膿みが形成されたりします。数年の場合もあり、体調によって歯肉が腫れ膿みが出たりします。根の再治療が必要か、レントゲン診査が必要です。

Q.数日前からずきずき歯がうづきます。歯は一部欠けており、そこに食事でものがあたると痛みが続きます。
A.虫歯が進行して、歯の神経に近づいており、治療になると神経を除去する可能性が高いと思われます。こうなる前に、なにか前兆があると思われます、ちょっとした痛みや、歯が欠けたとか。そういう時点で受診すれば食い止められたかもしれません。

噛み合わせについて

Q.噛むと奥歯が痛い状態が続いています。歯が浮いている様で、噛もうとすると始めにその歯が当たります。
A.根の治療の問題が考えられます。ただ、噛み合わせに問題がありますので、とりあえず当たりの強い歯を削ることで刺激を回避することで痛みをとります。

Q.朝起きたとき、肩がこっていたり、奥歯が痛かったりします。
A.歯ぎしりまたは食いしばりを、寝ている間にしている可能性があります。この習慣は歯にかなりの力がかかるために、歯にひびが入る可能性があるため、歯を守るためマウスピースを作成します。寝ている間装着してください。

Q.歯に詰め物をしました、初めすこし高く当たるような感じがしましたが、慣れてしまいました。大丈夫でしょうか?
A.診療時噛み合わせの調整は大切です。当たりを我慢することが続くと顎関節にトラブルが生じる可能性があります。